PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ぱぴの手術のこと★

今日でぱぴが手術をして 1週間。
カラーをしている以外は いつものぱぴだGOOD

手術をした事を忘れて 傷口に触れてしまいそうになって
慌てること・・・ 数回かお

今回の手術詳細。忘れないうちに書いておこうっと。
傷口の写真も撮ったんだけど・・・upするのは控えよねこ
(見たい方は お知らせ下さい・・・ いないよね?)




今回のぱぴ手術&処置 (備忘録)

 ・乳腺除去手術(2箇所)
   ・右側 一番下の乳房の下 腫瘤(小豆大)
   ・左側 一番下の乳房の下 シコリ有
  左側のシコリは過形成ぽいので 切除するのを
  悩んだけれど 左下のおっぱいは 子犬の頃から大きく変形していて
  それがどんどん大きくなっていたのが 気になっていた。
  変型して大きくなったおっぱいに 垢とかがついて
  ぱぴが気にして舐めたりしてるので ますます
  大きくなっているんだろうというのが獣医さんの診断だった。
  シコリと この変形も良い事ではないので 左側も切除することになった。  

 ・避妊手術(卵巣摘出)
  子宮に異常は見られなかったので卵巣だけ切除。
  卵巣をとってしまえば 子宮は機能を失ってしまい収縮してしまうらしい。
  片方の卵巣が腫れて大きくなっていた。
  ホルモンバランスを崩してる原因。乳腺腫瘍の原因。

 ・臍ヘルニアの成形手術
  ぱぴがデベソ(臍ヘルニア)だったなんて 今まで気づかなかった。
  すぐに治療が必要な程のものではないそうだけど・・・
  今後の事を考え避妊手術と併せて行った。
  
 ・涙管拡張手術&洗浄
  獣医さん曰く「最悪だった」という ぱぴの涙管。
  下の方が針の穴程度しか開いてなかったとか言うから・・・かなり酷い。
  拡張手術が出来るなんて知らなかった。
  拡張手術ってどんな方法だったんだろ?聞いたかもしれないけれど・・
  腫瘍の事で頭がいっぱいで憶えてないのかも。
  次回の診察の時に・・ 聞いてみようと思ってる。
  
 ・歯石とり
  犬歯がかなり汚れていたんだけど・・・綺麗になっていた。
  これからは ちゃんと歯磨きしなくては!犬も歯は大事よね。

処方された薬。
 ・抗生剤 7日分。
 ・ステロイド・抗生剤配合の目薬(1日5回)

傷口は3ヶ所。
・お腹の真ん中 ・・約4.5cm (7針)
・一番下のおっぱいの下・・・ 約6cm (9針)が2ヶ所




最初ぱぴの傷を見た時・・・かなりショックを受けた。
思ったよりも大きな傷だったので
手術をさせてよかったものか 可哀相な事をさせた気がしてきた。

その後のぱぴの順調な回復ぶりを見て・・・
冷静に振り返ってみると やっぱり手術を決断した事は良かったと思う。
悪性だったと思うとぞっとするし・・・
良性の腫瘍でも大きくなってしまったら 切除する事になるし・・・
大きい腫瘍を取るということは それだけ体に負担をかける事になる。
今回の腫瘍も最初に気づいた時よりも 確実に大きくなっていたので
放置していたら きっと切除する事になったと思う。

今はまだ ぱぴも体力もあり 手術に耐える事が出来たけれど・・・
この先 もっと年を重ねた後に 手術となったら
今よりも もっと辛い思いをぱぴにさせてしまう事になっただろう。

傷の大きさは痛々しいけれど・・・
ぱぴは傷を気にする様子はあんまりない。
見た目ほど ぱぴには抵抗がないのかもしれない。

つくづく思うのは・・・
犬の回復力って凄いんだなぁ~ってことだなぁ。
私は開腹手術の経験はないけれど・・・
人間だったら こんな風にいかないよなぁ・・って思う。

お世話になったM病院。噂どおりの良い病院だった。
的確な検査と診断。 手術の縫合もキレイだった。
そして なんと言っても・・・良心的な診療費でホントに有難かった。

沢山の方から 激励と心配のメッセージとアドバイスを頂いて
すごく~すごく~嬉しかった。とっても心強かったハート


ぱぴの手術は大成功 めでたし めでたし・・・ハート

スポンサーサイト

| ぱぴ日和 | 00:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。