PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

盲導犬を・・

盲導犬を刺すような人が居るなんて・・・考えられない
あってはならない事だと思う

盲導犬への嫌がらせも少なくないんだそうで・・・。ホントに悲しい・・・。
どうして・・・そんな事が出来るんだろう・・・
ほえない盲導犬を刺す…「絶対に許せない」
読売新聞 8月28日(木)21時4分配信

さいたま市の全盲の男性(61)の連れていた盲導犬が7月下旬、
電車内か駅周辺で何者かに刺されてけがをしていたことが28日、
埼玉県警などへの取材で分かった。

 盲導犬は、パートナーに危険を伝える際などを除き、
ほえないように訓練されており、事件当時もほえるのを我慢したと
みられる。男性は武南署に被害届を出し、同署が器物損壊容疑で
捜査している。

 同署や男性の関係者などによると、男性は7月28日午前11時頃、
川口市内の職場に向かうため、盲導犬のラブラドルレトリバーの
「オスカー」(雄8歳)と一緒に自宅を出て、JR浦和駅から電車に乗り
東川口駅で下車した。

 午後0時10分頃に職場に着いた時に、同僚がオスカーの腰付近から
血が出ていることに気付いたという。

 オスカーの腰の辺りには、約5ミリ間隔で深さ1~2センチの傷が
3、4か所あった。先端が鋭くとがったもので刺されたような傷だが、
着ていた犬用の服に穴はなく、服をめくり上げられて刺されたとみられる。
どこで刺されたかは特定されておらず、同署が防犯カメラ映像の解析や
聞き込みなどを進めている。

 この男性は取材に対し「刺されたことに気づけなくて申し訳ない気持ちでいる。
オスカーは何事もなかったかのように自分のそばにいてくれて、
それがかえってかわいそうだ」と振り返り、
「(刺した人に対しては)自分の家族に同じことが出来るのかと言いたい。
絶対に許せないと思い、被害届を出した」と語った。
武南署は、被害者感情にも考慮し、動物愛護法よりも量刑の重い
器物損壊容疑で捜査することにした。オスカーは手当てを受けて回復している。
スポンサーサイト

| ぱぴ日和 | 23:07 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。